オーナー ソムリエ 中村豪志

「最高のお料理を、最高のサービスで」。すべてはその言葉に尽きます。

ぶどうが色づいていく様をフランス語でヴェレーゾン(véraison)と言いますが、まさにそんな自然なサービスを心掛けたいと思っています。お客様がサービスを受けていることを意識しないような接客が理想のスタイルです。
「マノワ」では、自分がサービスマンとして今まで積み上げてきたキャリアの集大成として「最高のお料理を、最高のサービスで」という究極の目標をめざし、お客様に心地よい時間をご提供したいと考えています。
また、ソムリエとして、シャンパーニュ、ボルドー、ブルゴーニュを中心に、魅力的なワインをご紹介させていただきます。どうぞご期待ください。
幼少期、田舎に育った経験の元、 自然のありがたみを常に感じ、秋にはきのこを採りに、また、狩猟期間には自ら狩りに出かけて、仕留めたジビエを最高の状態でお客様にご提供しております。

1979年1月2日生まれ  山梨県南アルプス市芦安出身
1999年 辻調理専門学校フランス校卒業
1999年 代官山「ラブレー」3年勤務
2002年 西麻布「ル・ブルギニオン」3年勤務
2005年 銀座「クラブニュクス」2年勤務
2007年 代官山「ル・ジュー・ドゥ・ラシエット」2年勤務
2009年 広尾「ア・ニュ」2年勤務
2011年 広尾にレストランマノワをオープン
現在に至る

シェフ 武藤 聖郷

お客様とサービス、キッチンの三位一体が「心地よい時間」を創り出す。

幼い頃から栄養士の母親の影響を受けて、食への感心を育み、調理師学校を卒業後は神戸北野ホテルに入社し、6年間フランス料理の基礎から最新の技術、自分で考え表現する力を付け、楽しさを知りました。
レストランマノワでは、自分が作った料理をお客様がお召し上がりになられる姿、表情まで直接見ることが出来、今まで以上に料理に対する思いが強くなり、お客様1人1人にあった味付けをしていこうと思うようになりました。
自分が楽しみ、想像を膨らませて表現する一皿、、、それが、お客様へ伝わると信じております。

1985年10月11日生まれ 福岡県 朝倉市出身
2006年 福岡県 中村調理製菓専門学校卒業
2006年 神戸北野ホテル 6年間勤務
2012年 日本橋 メルヴェイユ
2013年 レストランマノワ
現在に至る

レストラン・マノワ